かかる費用

妊娠出産にかかるであろう費用の概要をおおまかに説明します。

まず産院での健診費。基本的に健康保険は適用されません。
その為1回の健診で数千円の費用がかかります。臨月に近づくにつれて健診の頻度は高くなるのが一般的なので、合計で数十回は妊娠中に健診に行くことになります。
(健診については産院の方針や妊婦の健康状態によっても異なります。)
その他、検査等が必要になった場合の検査費や初診料も別途かかります。

入院分娩費については、健康保険適用となる医療行為(帝王切開など)があったかどうかなどで、大きく変動します。
もちろん病室が相部屋だったか個室だったか、食事の内容によっても差が出ます。産院によってまちまちなので確認が必要です。
やはり施設や食事・サービスが充実している産院ほど多少割高かもしれません。時間外や休日の分娩だったため加算される場合もあります。
トータルで30万円台~50万円台と幅があります。内訳を確認するなど、あらかじめ詳細を産院と確認することをおすすめします。

受けられる助成

まず覚えておきたいのが出産育児一時金について。
健康保険に加入しているなら誰でも申請することができます。(パパの被保険者としてでもOK)
赤ちゃんひとりにつき35万円を助成してもらえます。保険組合や自治体によっては更なる上乗せも。

以前は出産後に支払われていたらしいのですが、現在は出産前に申請を行っておけば、分娩入院費として、出産した産院へ直接支払ってくれます。
差額があった場合は口座に振り込んでもらえる場合も。

申請先は加入している健康保険組合社会保険事務所自治体の窓口などです。早めに問い合わせを!
出産手当金とは基本的に勤務先で仕事を続けるママの為の助成です。
その他育児休業基本給付金育児休業者職場復帰給付金失業給付金などいくつかの助成が受けられる可能性があります。
自分に適応される条件を調べて早めに申請しておきましょう。

妊婦健診無料券とは?

子育て支援の目玉として、2009年度から適用された妊婦健診無料券を是非活用しましょう。
検査費用や健診費用を自治体が負担してくれる制度です。つまり、妊婦健診でかかる費用の一部が無料になるのです!

自治体によって異なる点はいろいろある様ですが、私の住む大田区ではなんと、14回まで助成してくれます。
これがないと1回の検診で8,000~10,000円ぐらいかかるのでかなり大きいです。
補助券は、妊娠届けを出した際に母子手帳と一緒にもらえるのが一般的な様です。覚えておきましょう!